第五十回
中小企業問題全国研究集会
in 京都

未来創造!『地域企業』としての自覚と実践を!

令和時代の始まり
全研発祥の地 京都へ!

実行委員長あいさつ
第50回中小企業問題全国経営研究集会in京都開催にあたって
京都全研実行委員長 杉江 勝

中小企業問題全国研究集会(略称、全研)は京都同友会が発祥の地である事をご存知でしょうか。
一九七〇年八月二十六日に全国で七番目の同友会として京都同友会が創立され、その僅か十日後の九月五日、六日の二日間で京都の自治体の先進的な中小企業施策を学ぼうと全国一〇〇名の会員が集い、研修を行った事が全研の始まりであり、第一回全研と位置付けられたのです。その後第十回、十五回、二十回、三十回、四十回と京都において六回も全研は開催されてきました。
その中で全研開催地として更なる学び、実践、拡大、運営などさまざまな取り組みを重ねてきた事が今の京都同友会の礎の一つとなっていると思います。
今回の第五十回京都全研においても、四月十八日に実行委員会を発足し本格的に準備を進めています。広報、参加登録や京都で大きく取り組んでいる地域連携、そして当日運営や分科会設営等の部会に、より多くの皆さんに参加、参画していただき、支部や地域会、各委員会や部会とも連携を取りオール京都で全研を成功させていきたいと考えています。
ただ、この京都全研成功がゴールではありません。今回の全研への取組みが京都同友会の新たな礎となり、更に飛躍するためにも全会員で最高の第五十回京都全研にしましょう。
そして一〇年後、「あの全研、本当にやって良かったなぁ」と、みんなで語り合いましょう。

京都全研タイムス

2019.04.13 2019.05.01 2019.04.13

京都全研の歴史(第1回中小企業問題全国研修会)

第1回中小企業問題全国研修会(その後、中小企業問題全国研究集会と名称が変更 昭和45年/1970年) 中同協第1回目の全研は京都で開催されました。 京都同友会の創立メンバーが集まり、京都同友会の創立と全国研究集会の準備...

京都全研の歴史(第20回中小企業問題全国研究集会)

第20回中小企業問題全国研究集会(平成2年/1990年) 90年代の世界経済を背景にどう生き抜くかをテーマに1535名(開催時過去最高)の参加者数で全日空ホテルを中心に京都国際ホテル・ホテルニュー京都の3ヶ所で開催され...

京都全研の歴史(第10回 中小企業問題全国研究集会)

第1回から10年後、第10回 全国研究集会(昭和55年/1980年) メインテーマを「80年代の日本と中小企業の活路」とし、22の分科会が設営されました。 参加者は1026名(開催時過去最高)の集会となり、京都同友会か...

新着記事

全研タイムス一覧

京都同友会
としての
開催意義

第五十回

「未来創造!『地域企業』としての自覚と実践を!」

 京都中小企業家同友会
 二〇二〇年を目指して〜
 ありたい姿「第7次ビジョン」の
 位置づけと目指すべき企業像・
 経営者像・同友会像に則して
 下記の通りといたします。

【企業づくりの視点】
 グローバル化のなかで変貌する京都経済。その中で地域の需要を支える存在としての我々の役割はますます重要になっています。今こそ地域に根ざした「地域企業」としての自覚と誇りを胸に具体的実践をすすめ、「労使見解」を軸に、人と向き合い、時代や環境の変化に柔軟に適応できる企業づくりに取り組みます。

【地域づくりの視点】
 伝統と革新の産業都市である京都。その京都での地域資源を活かし、地域で生まれた人が地域で「育ち、学び、働き、暮らし」続けることができる地域内循環型経済づくりを目指し、企業経営を通じて地域課題に正面から向き合い、その解決に取り組みます。

【同友会づくりの視点】
 全研発祥の地である京都。これまでの同友会運動の役割を再確認し、あらためてその原点を見つめ直す機会とし、同友会理念にそった仲間づくりに取り組みます。

京都に
秘められた価値

古都京都

京都はたくさんの神社仏閣が点在し
世界遺産に登録されている歴史的建造物も多く
伝統と永年の文化を体験していただけます

古都 京都へおいでやす。
歴史が佇む町並み。日常と非日常の融合。

歴史情緒溢れる京の街を散策すれば、いつも新たな発見が待っています。
街歩きに最適な祇園エリア。自然美を堪能できる嵐山エリアや貴船エリアなど、多岐にわたって楽しめる観光エリアです。