祇園祭

7月の京都は祇園祭一色。
祇園祭は千年以上の歴史を持ち、7月1日から31日まで、1ヶ月にわたって多彩な祭事が行われる八坂神社の祭礼です。
なかでも17日(前祭)と24日(後祭)の山鉾巡行、そしてそれぞれの宵山には大勢の人々が訪れ、京のまちは祭りの熱気に包まれます。

山鉾

前祭7月10日~14日
後祭7月18日~21日
釘を一本も使わず、縄がらみの伝統技法で組み立てる「山建て」「鉾建て」が行われると、京都のまちなかのいたるところに山や鉾が姿を現します。
「山建て」「鉾建て」の後には、試し曳きをする「曳き初め」が行われます。

宵山

前祭7月14日~ 16日
後祭7月21日~23日
日が暮れて駒形提灯に明かりが灯り、祇園囃子が流れるなか、山や鉾を鑑賞できる宵山。
宵山には「屏風祭」と言われる行事もあり、山鉾町の旧家では表の格子をはずしたりして、秘蔵の屏風などを飾り付けた座敷を開放する「屏風飾り」が行われます。

宵山や巡行は、前祭と後祭の2回

日本の祭には、神霊を迎え、お祀りした後にお送りする、神迎えと神送りの儀礼があります。神輿が神社から御旅所まで行くのが神幸祭、御旅所から神社に戻るのが還幸祭です。
祇園祭も同様で、7月17日に神幸祭、7月24日に還幸祭が行われます。
山鉾の巡行はそうした行事に先立つものとして執り行われてきました。昭和41(1966)年に前祭と後祭は、17日にあわせて行われるようになりましたが、平成26(2014)年に、24日の後祭が復活。本来の祇園祭の姿に戻り、それに伴い、宵山や巡行もそれぞれ行われます。

この時期の京都といえば祇園祭!!
コンチキチンの祇園囃子の音色が響き、心地の良い空間に酔いしれてください。