嵐山

京都の風情と自然豊かな美しさに出会える
京都を代表する観光地である嵐山。国の史跡および名勝に指定され、京都市内の中でも特に四季の自然美が楽しめるエリアです。

竹林の道
嵐山で絶大な人気スポットとなっているのが、渡月橋の北側、嵯峨野に広がる竹林です。真っ直ぐ伸びる青竹が頭上を覆い、まるで緑の大きなトンネルのように美しい景観は、竹林を縫うように小径が張り巡らされており、のんびりと歩けば平安時代の趣を肌で感じることができます。
また、夏場はサラサラと音を立ててゆれる竹たちの風の演奏で涼を感じられます。毎年12月の「嵐山花灯路」の時期には、竹林の両側がライトアップされ、幻想的な雰囲気も楽しめますよ。

渡月橋
鎌倉時代に亀山上皇が「くまなき月の渡るに似る」と感想を洩らしたことから渡月橋と命名されたという京都・嵐山のシンボル。大堰川(おおいがわ)にかかる全長約155mの橋で、橋脚は鉄筋コンクリート製ですが、欄干部分は檜造りで、周囲の景観に溶け込むように設計されています。灯篭流しや、もみじ祭などの行事の中心にもなっています。特に紅葉、桜の時期の渡月橋は絶景!桂川にかかる渡月橋は春夏秋冬で様々な表情をのぞかせ、観光客を飽きさせることがありません。

 

 

天龍寺
1339(暦応2)年に創建された天龍寺は、足利尊氏を開基とし、後醍醐天皇の菩提を弔うために建立されました。京都寺院の歴史の中でも特に重要な寺院のひとつとして数えられたという歴史があります。
1994(平成6)年に世界遺産に登録となった「古都京都の文化財」の一つでもあり、特に人気のスポット。嵐山の観光コースでここも外せません。

その他にも、
野生のニホンザルが約120頭生息している「嵐山モンキーパーク」や源氏物語の舞台としても有名な「野宮神社」、「嵯峨野トロッコ列車」、「大覚寺」などなど…上げたらきりがないくらい!一日中嵐山で観光してても十分満足できることまちがいなしです!