福知山

明智光秀が築いた城下町「福知山」

福知山城は市内の小高い丘の上に建っており、天正7年(1579年)頃、丹波国を平定した戦国武将・明智光秀によって築かれた城です。
明治6年(1873年)の廃城令により石垣と一部の遺構を除き大部分が取り壊されましたが、昭和61年(1986年)に、市民の瓦一枚運動などにより天守閣が復元され、現在は福知山城公園として整備され、市の指定文化財となっています。
この地には善政を敷き、良君として領民に慕われた光秀の足跡が遺されています。

御霊神社

「本能寺の変」から100年以上も後、当時の福知山城主・朽木稙昌は、宇賀御霊大神を祀る祠に明智光秀の御霊を合祀し、御霊神社を創建しました。
光秀の善政を語り継いできた領民たちは大いに喜び、光秀公のための「御霊会(ごりょうえ)」はにわかに盛大になりました。