1. HOME
  2. ブログ
  3. 五山送り火

五山送り火

夏の夜空を彩る「京都五山送り火」は、京の夏を代表する行事のひとつです。
ご先祖の霊をお送りするという、精霊送りの意味を持つお盆の伝統行事です。
毎年8月16日、京都を囲む5つの山に「大文字」「妙法」「船形」「左大文字」「鳥居形」の順に点火されていきます。
東山に大の字が浮かび上がり、
続いて、松ケ崎に妙・法、
西賀茂に船形、
大北山に左大文字、
そして、嵯峨に鳥居形が点ります。
これら5つの送り火はすべて京都市登録無形民俗文化財です。

東山如意ヶ嶽の大文字に午後8時ごろ火が灯されると、最後の嵯峨鳥居本曼荼羅山の鳥居形まで、順番に点灯されていきます。
点灯時間はそれぞれ約30分。気象条件によっては点火や消火の時刻が変更になる場合もあります。

火が消えた後の闇の暗さに、夏の終わりを惜しみ、秋の訪れを感じる、そんな悲喜こもごもの情感が送り火を一層情趣深いものにしています。
送り火についてもっと知れば、いつもとは違った楽しみ方ができるかもしれませんね。

参考サイト