1. HOME
  2. ブログ
  3. 南禅寺水路閣

南禅寺水路閣

京都府京都市左京区にある臨済宗総本山・南禅寺。
南禅寺の境内を進んで行くと、レンガ造りの歴史的な琵琶湖疎水の水路橋が美しい姿で出迎えてくれます。
明治の建造物でアーチ橋は現在も現役、京都に何の違和感も無く存在する姿に敬服、遊歩道を進むと水路の上に出、明治の一代事業を見ることが出来ます。

文明開化から間もない明治21年に作られた、全長93.2m、高さ9mのアーチ型橋脚の水道橋です。
レンガ・花崗岩造のレトロな風貌が、禅寺の和の雰囲気と周囲の自然を引き立てます。一説には、ローマの水道橋をモデルに作られたとも。
もちろん、高台からの眺めも抜群。市の史跡にも指定されています。

連続して続く美しい曲線が美しいアーチ橋。現代では鋼やコンクリートなどが材料として使われることが多いですが、文明開化から間もない明治の頃は、石やレンガが使われていました。当時の建築技術の粋を集めて建設された巨大建造物は、その頑健さと機能美で今も私たちを魅了します。

臨済宗総本山・南禅寺