1. HOME
  2. ブログ
  3. 賀茂別雷神社(上賀茂神社)

賀茂別雷神社(上賀茂神社)

世界文化遺産に登録され、国宝と重要文化財の宝庫でもある上賀茂神社。
京都でも最古とされる歴史と格式を誇る神社で、京都の春の風物詩であるあの「葵祭」でも有名です。
上賀茂神社の正式名称は「賀茂別雷神社」。
山城国の豪族であった賀茂氏の氏神を祀る京都最古の歴史を持つ神社で、古より皇族をはじめとした貴人からの厚い信仰を集めた由緒ある神社です。

上賀茂神社の二ノ鳥居をくぐってすぐ正面に、重要文化財にも指定されている「細殿」があり、この細殿の前にあるのが、円錐型に整えられた一対の盛り砂。
「立砂」と呼ばれるこの盛り砂は、賀茂別雷神が降臨したと伝えられる本殿の背後に位置する「神山」を模したものです。

「八咫烏(やたがらす)みくじ」。
神武東征の神話で、神武天皇御一行を導いた八咫烏をかたどったおみくじです。将来を良い方向に導く指針がおみくじに書かれています。
八咫烏は三本足の不思議な鳥で、立ってこちらを向いている八咫烏の顔がユーモラスでなんともかわいらしいです。

賀茂別雷神社(上賀茂神社)
京都府京都市北区上賀茂本山339
参拝時間 5:30~17:00
定休日 なし
075-781-0011