1. HOME
  2. 第8分科会  静岡/外国人労働者問題

第8分科会  静岡/外国人労働者問題

国籍問わず全員が誇りを持てる企業づくりへの挑戦

外国人技能実習生との関わりが社風を変えた

初めて実習生を受け入れたのは2000年。自動車部品の下請企業で、外国人は“人手のひとつ”の考えで受け入れ社内は混乱。作業効率、生産能力のものさしで実習生を見ていたことに自問し、2010年に同友会入会。2018年7月先代の母から経営を引き継ぎ、代表取締役就任。
現在は経営指針の成文化に取り組んでいます。外国人を戦力にすると共に、実習生一人ひとりに「あなたの人生における最も輝かしい3年間にしてほしい」と人間的成長を願い、20年間で約50名を受け入れた光誠工業が、自社の外部環境の分析と併せて報告します。

今野 英明 氏

報告者光誠工業(株) 代表取締役 今野 英明 氏
創業:1971年 /設立:1988年/正社員数:21名/パート・アルバイト等社員数:4名/資本金:1,000万円/年商:2.2億円/事業内容:工業用プラスチック製品加工業(樹脂・金属焼付け塗装)/静岡同友会理事・政策委員長
http://kousei-kougyo.co.jp
第8分科会
静岡/外国人労働者問題